2009年03月06日

プラズマテレビ

 初日の出を撮影した元日以来、休みが晴天だった日は数日のみ。こうも悪天候続きだと、善からぬことを考えてしまう。
 ヨドバシカメラに足を運ぶことも増え、店内であれやこれやと見ているうちに、「ブルーレイディスクレコーダーを買ったところだし、F1も今月に開幕だし、そろそろ買い換えたい…」、「8畳弱の狭い部屋に、28型ワイドブラウン管テレビは、ただでさえ圧迫感があるし…」という都合の良い口実とともに欲に囚われる。
 いつの間にか、私は、Panasonicの売り場に向っていた。代々買い替えてきたDVDレコーダーもテレビもPanasonic。長いこと関西に住んでいたから…というわけではないが、お気に入りのメーカーである。
 映画やF1を見る私は、まずは、動画に強いことが必須条件。そして、より立体的な画質で、コントラストが良質で黒潰れしないこと、長時間見ても目が疲れにくいことも選択の考慮に入れていた。そうすると必然的に、液晶テレビよりも、プラズマテレビという選択になる。
 サイズは42vといきたいところだが、今の住環境からしたら、やっぱりデカイ。部屋の広さからしたら、メーカー推奨は最低でも42vらしいのだが、やはりデカイ。37vならば、B&Wのトールボーイスピーカー804Sと並べてもしっくりと来る感じだ。実は、昨年発売のTH-37PX80も考えていたが、色とデザインが自分好みではなかった。そこに、春の新製品のTH-P37X1が。
 ヨドバシカメラのPanasonicコーナーに鎮座しているTH-P37X1、その色とデザインを見るや即決してしまった。TH-37PX80は画面の枠がグレーだったが、TH-P37X1は黒で画面が引き締まって見える。画質(画質設定スタンダード)も、敢えて上位機種(Vシリーズ)を見ていない私にしたら、申し分ない(笑)。年間消費電力も液晶テレビ並みになっているのには目を見張るものがある。160kWh/年×22円=3,520円。そして、3月6日までの限定価格、15万の20%ポイント還元。
 そして、Panasonicのジャンパー姿の人に、「あのぉ〜、これ下さい」と言っている私がいた…。配送は次の公休日。
 いい加減、財布の紐を締めないと…ヤバい ^^;滝汗。

☆写真は、サムネイルをクリックして、拡大してご覧いただけます!
 
D300_14680 XGA.jpg
D300
AF-S NIKKOR 50mm F1.4G


posted by Wao!! at 23:59 | 東京 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | Not categorized
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。