2006年11月11日

暫くぶりに…

DSC_2046 for blog.jpg
TAMRON SP AF 17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical(IF)

暫くぶりに電源を入れて聴こうとしたら、右チャンネルからガサガサと・・・。
原因を探ろうと、ボリュームを回してみるが、ガリ音も皆無で、まったく問題ない。
スピーカーの接続を左右入れ替えても、出てくるのは右チャンネルから。
結局、SOURCE DIRECTのボタンを何度か押すと治まった。
もう、買って4年経ったし、ガタが来ても不思議じゃないな。
とりあえず、このまま様子を見て、酷くなったら修理に出すことにしよう。


posted by Wao!! at 23:34 | 東京 ☔ | Comment(8) | TrackBack(0) | Audio
この記事へのコメント
はじめてお邪魔します!
当方、50代のサラリーマンです。
PMA−S10VLに興味を持ち、中古を購入したいと思い、製品の情報収集しているときに拝見しました。
メーカーサイドの情報は結構あるのですが、個人の方の生の声があまりなく、Wao様のブログに記された少し以前の情報に目が留まりました。

さて、ガサガサ音の件ですが「SOURCE DIRECTのボタンを何度か押すと治まった」とのこと。
その後、相当に時間が経過していますがアンプの調子はいかがですか?

発売されてからすでに相当な年数を経た機器ですが、基本性能が良さそうなのでまだまだ使えると思って探しています。
この機器をお使いになった印象を、お時間のあるときにでもお知らせいただければ幸いです。

私は、オーディオファンというよりは音楽ファンで、バカラックやパットメセニーなどのアメリカ音楽が好みです。
このクラスのアンプを所有すれば機器に対する不安感がなくなり、音楽に没頭できるのではないかと思っています。
そんなことから書き込みさせていただきました。
Posted by sho-chan at 2009年01月11日 07:12
☆sho-chanさん
初めまして!
PMA-S10VLの中古をご検討中ですか^^
2002年に購入以来、無修理ですので、非常に信頼性の高い製品だと思ってます。

お使いのスピーカーが不明ですので、音質については申し上げづらいのですが、私は、B&Wの804Sと組み合わせて、ジャズ、ロック、クラシックなどオールラウンドに聴いてます。特に、ジャズ、クラシックなどのアコースティック音楽には非常に相性が良いと感じてます。生演奏に近いようなリアルな音質でメリハリよく、グイグイと押し出してくるライブ感が味わえます。乗りが良いですね。

端正で美音がお好きならば、このプリメインアンプは、お勧めしません^^;。聴き疲れします。中古狙いでしたら、マランツのPM-11S1や、アキュフェーズE-308あたりが良いかもしれません。試聴出来るお店があれば、PMA-S10VLも含めてご検討なさってみられてはいかがでしょう。
Posted by Wao!! at 2009年01月12日 03:30
Waoさん

早々にPMA-S10VLのコメントいただきありがとうございます!
とても参考になりました。

私のスピーカーは、TANNOY TD-700という機種です。
いわゆるプレステージシリーズとは一線を画したタイプで、トールボーイスタイルです。
1997年ごろに購入したもので、スタジオモニターのユニットを民生用にアレンジしたシステムだったようです。
お家芸の同軸ユニットは共通ですが、コーンがポリプロピレンなんです。
再生される音は、高解像度でスケールの大きなメリハリの効いた音です。

PMA-S10VLは「生演奏に近いようなリアルな音質でメリハリよく、グイグイと押し出してくるライブ感」があるとのことなので、私の好みと一致しそうです。
ただ、本当のマッティングは自分の環境に導入してみないと分からないというところが、オーディオの難しいところですね。

そして、現状のプリメインは、Kenwood L-A1です。
これは1990年代前半の製品ですが、当時のフラッグシップだけあって、アンプの入れ替えには少し慎重になっています。
ただ、もうかなりのご老体なのでそろそろと思っています。

そんななかでPMA-S10VLが候補にあがったわけです。
最新のPMA-SA11は高価でこのご時世手が出ません。
また、私のような50歳過ぎた年齢の耳ではこの両者の違いは音で感じることはできないのではないか・・と思い、中古のS10VLがコストパフォーマンスの点で最高ではないかと推測した次第です。

Waoさんの個体では耐久性にも問題が出てないようですし、安心して試せそうです。
生の声を聞かせていただくことができて幸いです。
私もWaoさんと一緒で、オールラウンドに音楽を聴く生活です。
ジャズからクラシックまで楽しく聴けそうなPMA-S10VL。
中古しか入手できないでしょうが、程度の良いものを真剣に探してみます。

今回は、どうもありがとうございました!



Posted by sho-chan at 2009年01月12日 11:44
☆sho-chanさん
こんばんは!
実際に聴いたことはないのですが、タンノイのTD-700がスタジオモニターから派生させた高解像度系のスピーカーでしたら、PMA-S10VLとの相性も良いかもしれませんね。低音域のチューニングをどうなさるかが決め手でしょう。
私が、同じく高解像度系の804Sとの組み合わせで、「ん?これは?」と首をかしげたのが、低音域の緩さでした。スピーカーのインシュレーター、スピーカーケーブル、そして、プリメインの電源ケーブルを買い替えて、低音域を引き締めるように工夫して今に至ってます。
Posted by Wao!! at 2009年01月14日 18:52
Waoさん、こんばんは!

「低音域の緩さ」・・なるほど、これはなかなか厄介ね課題でしたね。
いろいろ工夫をされたわけですね。

スピーカーのインシュレーター、スピーカーケーブル、そして、プリメインの電源ケーブルでバランスをとられたとのことですが、差し支えなければ参考にさせていただきたく思います。
すでに販売完了しているものが多いと思いますが、一つの事例として商品名(型番)を教えていただくことはできませんか?

交換は事前にシミュレーションして一度に組み合わせたのですか?
それともインシュレーター→SPケーブル→電源ケーブルというように追い詰めて行ったのでしょうか?

すみません、つい興味がわいてしまったもので・・・。
Posted by sho-chan at 2009年01月16日 23:59
☆sho-chanさん
こんばんは^^ゞ
事前に試せたらいいのですが、ネットで情報を収集したり、ショップで尋ねてみたりで買ったものばかりですよ。

ちなみに、
■スピーカースパイク受け
RF-909X(Harmonix)

■スピーカーケーブル
・Prism OMNI ST-8N(SPACE & TIME)
※バイワイヤリング接続

■電源ケーブル
・POWER MASTER PM-780(CAMELOT TECHNOLOGY)
・SCR AC(AET)

電源ケーブルの2点ですが、DCD-S10VLとPMA-S10VLのどちらにいずれをつけるか検証した結果、聴覚上、S/N比が高まって聞こえ、写実的な音質に思えたので、アンプにPM-780をつけ、CDプレーヤー側にSCR ACで落ち着いてます。
面白いことに、上記の組み合わせを変えると荒々しいほどのパワフルで、少々ノイジーです。「五月蠅い」と感じて付け替えた次第です(笑)。

です。
Posted by Wao!! at 2009年01月17日 01:07
Waoさん、こんにちは。

いろいろな情報ありがとうおざいました。
実は、今回のご縁がPMA-S10VLにつながったようで、良い出物があり通販で購入しました!
宅配で送られてきたPMA-S10VLはあまりにも重くて持ち上げることができませんでした。
ズルズルと部屋まで引きずりながら箱を開けて、やっとの思いでセッティングしました。

一聴してフレッシュでリアルな音像に感動しました。
アンプを換えると相当に音が変わりますね。

これから細かなセッティング調整になると思いますが、ファーストインプレッションは思ってた以上に好感を持ちました。

さて、Waoさんご使用のケーブル類は私が実際に知らないものばかりですので、貴重なコメントは参考にさせていただきます。
しばらく聴きこんでから不満が出てきたらボチボチやっていこうと思います。

Waoさんのマニアックな取り組みを教えていただき、本当に感謝しています。
お陰さまで、購入を迷っていた気持ちが吹っ切れてよい結果に結びつきました。

PMA-S10VLで音楽を聴きながら、Waoさんの写真をこの後ゆっくりと眺めさせていただきます。

どうもありがとうございました。

Posted by sho-chan at 2009年01月31日 11:54
☆sho-chanさん
ついに入手なさったのですね^^!
予想以上に好感を持たれたようでほっとしました。

電源ケーブル等は、3年間ほどの時間をかけて今の組み合わせに辿り着いたので、ぼちぼちでよろしいかと思います。
Posted by Wao!! at 2009年02月05日 19:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。