2007年01月26日

息吹

DSC_6448 WXGA.jpg
Nikon Ai AF Nikkor 50mm F1.8D

春が来るのも、もうすぐですね♪
まだ99%は蕾ばかりで、咲いているのがこれぐらいでした。
満開が楽しみです♪

【撮影手記】
やはり、花はオートフォーカスよりも、マニュアルフォーカスの方が、
微妙なピント合わせをし易いですね。
F2.8に絞るだけで、花びらがパリッと解像されました。
Ai AF Nikkor 50mm F1.8D、最短撮影距離は0.45mで、
最大撮影倍率が、1/6.6。マイクロレンズではないですが、
面白いレンズです。

いつも有難うございます(^^ゞ
写真をお気に召されたら、ポチッ!とクリックお願いします!
banner_02.gif


posted by Wao!! at 17:49 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | 自然
この記事へのコメント
紅梅?
春は近いのかな?
こちらで、この前チューリップが
咲いてるのにびっくりしました。
もう少し冬を感じたい気もします。
Posted by keiko at 2007年01月27日 19:01
 紅梅ですね、たぶん(笑)。花の名前に疎いですので正確な名称は知りません。

 ここには十数本の梅の木がありましたが、最初は蕾だけしか見当たらずに、蕾ばかりを撮っていましたが、通りがかりの方に「4つほど咲いているよ」と教えていただいたんです。撮影に行く先々で、こんな出会いがあって楽しいです。

 一月は「いく」、二月は「逃げる」っていわれるように、春ももうすぐですよ。私ももっと冬の夕景、夜景を撮りたいので、同感ですね。
Posted by Wao!! at 2007年01月28日 00:09
深度の浅いレンズの開放近くは難しいですよね。自分がちょっと動いたらアウト!私の場合、三脚を使っても失敗します・・・(~_~;)
梅の花は手強いので、できるだけ絞りを開けて、邪魔者をぼかす方向で撮りたくなりますよね。
この作品は、背景の選び方が上手で、花の可憐さも良く出てますね。
Posted by makoto at 2007年01月29日 23:31
makotoさん、こんばんは♪
このピント合わせの難しさが堪らなく面白いですよね。
流石は、makotoさんらしいコメントのとおり、背景については選びました。ありがとうございます♪
ご存知だと思いますが、このレンズは、柔からみのある画質で定評のあるF1.4の50mmに比べて、シャープな写りをする代わりに、背景のボケ味が硬めになってしまうことも考慮し、背後に枝振りがないフレーミングで撮りました。幸い、半逆光でいい場所に咲いてくれいていたこの花にも感謝です♪
Posted by Wao!! at 2007年01月30日 02:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。