2007年03月27日

Cherry Report Vol.2

オススメBGMは、『桜』music by GAIAさん(右のBGM欄)

本日の桜レポートは六義園の枝垂桜ライトアップ!
Aquaさん、行って参りましたよ〜(^^)

DSC_0107 XGA.jpg
AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)

あいにくの薄曇の天気ながらも、人出が多かったです。

DSC_0127 XGA.jpg
AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)
露出時間 : 1/60秒
レンズF値 : F2.8
露出制御モード : 絞り優先AE
ISO感度 : 400
露光補正量 : EV1.0
開放F値 : F2.8
自動露出測光モード : 中央重点測光
ホワイトバランスモード : オート
レンズの焦点距離(35mm換算) : 200mm(300mm)
フォーカスモード : MANUAL
※RAWからJpeg現像時に、ホワイトバランスを“曇天”に変更して桜の赤みを増した。

曇り空の時には、桜の枝振りをどんな風に切り撮ろうかと思案しますが、ここは背景には空を入れずに、桜を入れて、絞り開放F2.8で、同系色の柔和にとろけるボケ味を演出(^^)。

DSC_0212 XGA.jpg
AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)
露出時間 : 1/10秒
レンズF値 : F4.0
露出制御モード : マニュアル設定
ISO感度 : 200
ホワイトバランスモード : 冷白色蛍光灯
レンズの焦点距離(35mm換算) : 70mm(105mm)
フォーカスモード : MANUAL

いよいよライトアップ!
やはり桜の撮影でも大敵は風。暖かい南風が時折強く吹いていて、中々収まらない。被写界深度を深め、桜の解像感を上げるために、F5.6かF8まで絞ってみたいものの、シャッタースピードを、それぞれ1/5秒、1/2.5秒にしなければ、同じ露出にならない。被写体ブレが大きくなってしまう。
「さて、どうしようか?」
……結局は、風が収まる瞬間を待つことにました。ISOは上げたくない(^^;)

そして、ピント合せ。オートフォーカスで撮ってみたものの微妙に合いません。枝が二重にボケてしまう。そこで、200mm(換算300mm)にして、マニュアルで合焦させ、70mm(換算105mm)に戻して撮影。

さて、次は枝垂桜の全容を撮ろう!と意気込んでレンズ交換をしようとしたんですが、何と何と、バッグへ入れてきたと思っていた、タムロンの17-50mmF2.8ですが、家に忘れて来てたんです( ̄. ̄;)
Ai AF Nikkor 35mm F2Dは持って来てたので、これで離れて撮るしかない。六義園へ行かれた事がある方はご存知かと思いますが、枝垂桜の場所は、意外と狭いんです。幹の下まで画角に納めるには広角が必要。換算52mmのこのレンズでは、正門への通り道の門扉の外へ出なければ、枝垂桜の全容を捉えることが難しい…イコール撮れない、と…。諦めて、枝垂桜だとお判りいただける画角まで精一杯下がって撮りました。

DSC_0241 XGA.jpg
Ai AF Nikkor 35mm F2D
露出時間 : 1/10秒
レンズF値 : F2.8
露出制御モード : マニュアル設定
ISO感度 : 200
ホワイトバランスモード : 冷白色蛍光灯
レンズの焦点距離(35mm換算) : 35mm(52mm)
フォーカスモード : AF-S

枝垂桜の周りには、数百人もの撮影する方々で人垣状態でしたので、結果的には、この画角で良かったのかもしれません(^^)。

枝垂桜のライトアップには、魅せられました!そして、閉園時間も迫っていたので、帰ろうとしたところ、一際目を惹くものがありました。

それは……竹のライトアップ。
ここは、林に囲まれていて、風もあまり吹いていなかったので、ISO100-F8.0-SS2秒(1秒)で撮影。

DSC_0278 XGA.jpg
AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)
露出時間 : 2.00秒
レンズF値 : F8.0
露出制御モード : マニュアル設定
ISO感度 : 100
ホワイトバランスモード : 冷白色蛍光灯
レンズの焦点距離(35mm換算) : 70mm(105mm)
フォーカスモード : MANUAL

ちょっと構図に迷いました。竹を照らすライトで構図を三分割するように配してみました。

DSC_0294 XGA.jpg
AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)
露出時間 : 1.00秒
レンズF値 : F8.0
露出制御モード : マニュアル設定
ISO感度 : 100
ホワイトバランスモード : 冷白色蛍光灯
レンズの焦点距離(35mm換算) : 200mm(300mm)
フォーカスモード : MANUAL

枝垂桜を撮影していた時に、私の隣で、「フルオートじゃ巧く撮れないね」とおっしゃった方がいて、マニュアル露出の各数値をお伝えしたのですが、暫くしてから「場所を変えます。有難う!」とおっしゃって立ち去られましたが、その後は、巧く露出をコントロールできたのでしょうか?マニュアルでの撮影は初めてだとおっしゃっていたので、ちょっと気掛かりに思いました。「露出が足らないと思ったら、シャッタースピードを遅くするか、シャッタースピードはそのままでISOを上げるんですよ。明るすぎたら、その逆になさって下さい」と伝えたのでOKかな??

いつも有難うございます(^^ゞ
写真をお気に召されたら、ポチッ!とクリックお願いします!
banner_02.gif


posted by Wao!! at 23:58 | 東京 ☀ | Comment(6) | TrackBack(0) | 夕景・夜景
この記事へのコメント
昨日の夜は、自分も助手を連れて行ってましたよ(^^;
Waoさんもいらしてましたか、ニアミスでしたね!
しかし風が強く、また人出もかなりあったので、さっさと帰ってしまいました。
ああいった日の夜桜撮影は本当にストレスが溜まります。

枝垂れ桜は相変わらず見事でしたね。
閉園時間ギリギリまで粘ると、誰も写っていない枝垂れ桜を撮れる事があります。
Posted by Aqua at 2007年03月28日 12:11
☆Aquaさん
いつも有難うございます v^^)
わぉ!そうですか!当地にてニアミスでしたか!
ライトアップも最終週なので駆け込みの方が、私も含めて多かったからでしょうね。あの人垣や見物客の往行の多さでは撮影も落ち着きませんよね。三脚を使っての撮影だけに、気も遣いますし。桜とごった返しの見物客を見物に行ったような気さえします。

私は、閉園ギリギリの時間は、竹を撮ってました(^^)
駒込駅方面の門から出たのは私が最後で、「いい写真が撮れました、ありがとう」と職員の方にお礼を言って帰りました。

4月1日までのライトアップには、もう仕事で行けそうに無いのですが、また来年が楽しみです♪

来月4月にも桜を交えた写真をアップしますので、またいらっしゃってください!!(^^)
Posted by Wao!! at 2007年03月29日 02:33
29日に六義園のライトアップの撮影に行ってきました。すごい人出でした。私が帰った8時半を過ぎても長い列が入り口に出来ていました。閉園時間になってもなかなか人が引くことはなかったのではないでしょうか。
風も弱く、条件的にはとてもよかったと思いますが、人が多すぎてじっくり構えてとることが難しく、すぐ人がぶつかってきてぶれたり、目の前に入ってきたりとかなりストレス溜まりますね。
Posted by ブドリ at 2007年03月30日 01:11
こんばんは。
六義園には、二回程行ってますが、惨敗です(苦笑)
ライトアップの写真見事としか言えません。素晴らしいです。
みたまま撮るのってホント難しいですよね。
@akira
Posted by aa_ar@akira at 2007年03月31日 00:32
☆ブドリさん
ブドリさん撮影のも拝見しました!
月との絡めた写真は絶品でしたよ(^^)
Posted by Wao!! at 2007年03月31日 01:17
☆akiraさん
ええ、本当に難しいです。特にこの場所で、この画角では…。
忘れてきた広角ズームレンズ無しで無理やり撮ったっていう感じです(^^;)。夕方に撮った桜と、帰りに撮った竹の方がお気に入りだったりします。
Posted by Wao!! at 2007年03月31日 01:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。