2008年03月03日

Coming soon Formula 1

 2007年10月22日(日本時間)、奇跡の逆転王座を目指すキミ・ライコネン(フェラーリ)、ワールドチャンピオン3連覇を賭けるフェルナンド・アロンソ(マクラーレン)、そして、F1デビュー1年目にしてワールドチャンピオンの座を狙う脅威のルーキー、ルイス・ハミルトン(マクラーレン)の三つ巴戦の火蓋が切って落とされた。僅差で熾烈なドライバーズポイント戦いの末、キミ・ライコネンが大逆転で悲願のワールドチャンピオンに輝いた、あの最終決戦ブラジルGPの記憶は新しい。
 そして今年、フェルナンド・アロンソは古巣のルノーへ復帰。過去との決別、自身との戦いで、どんなレースを魅せてくれるか楽しみだ。
 開幕戦となるオーストラリアGPの予選は3月15日、そして決勝の3月16日はもうすぐだ!期待のエグゾーストノートは既に熱いっ!!

☆写真は、サムネイルをクリックして、拡大してご覧いただけます!

2007年11月7日、東京モーターショーにて撮影

DSC1_8721 WXGA.jpg
D80
SP AF 17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical[IF]
露出時間 : 1/160秒
レンズF値 : F5.6
露出制御モード : 絞り優先AE
ISO感度 : 200
露光補正量 : EV0.0
自動露出測光モード : 中央重点測光

DSC1_8723 WXGA.jpg
D80
SP AF 17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical[IF]
露出時間 : 1/160秒
レンズF値 : F5.6
露出制御モード : 絞り優先AE
ISO感度 : 200
露光補正量 : EV0.0
自動露出測光モード : 中央重点測光

DSC1_8730 WXGA.jpg
D80
SP AF 17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical[IF]
露出時間 : 1/125秒
レンズF値 : F5.6
露出制御モード : 絞り優先AE
ISO感度 : 200
露光補正量 : EV0.0
自動露出測光モード : 分割測光

DSC1_8732 WXGA.jpg
D80
SP AF 17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical[IF]
露出時間 : 1/400秒
レンズF値 : F5.6
露出制御モード : 絞り優先AE
ISO感度 : 200
露光補正量 : EV0.0
自動露出測光モード : 分割測光

DSC1_8736 WXGA.jpg
D80
SP AF 17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical[IF]
露出時間 : 1/50秒
レンズF値 : F5.6
露出制御モード : 絞り優先AE
ISO感度 : 200
露光補正量 : EV-0.3
自動露出測光モード : 分割測光

ここで一言!!

「今年こそ、日本GP(富士スピードウェイ)の予選と決勝の撮影を叶えたい!」

ぜひとも、ぜひとも、有休をお願いしたします…m(_ _)m

いつも有難うございます(^^ゞ
応援クリックをお願いします!
banner_02.gif


posted by Wao!! at 22:47 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | Formula 1
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。