2008年08月14日

Ai AF-S Teleconverter TC-17E U

 皆さん、こんばんは(^0^)/ まだまだ暑い日が続きますね。夏バテしてませんか?
 7日以来の休日でしたが、朝に自宅9階のベランダから望む景色を切り取ったぐらいでした。見晴らしが良くて良い景色なのですが、おそらく富士山が見えるであろう方角がビルに隠れて見えないんですよね〜。なんとも惜しい。
 ベランダからの景色を切り取った後は、疲れが溜まっていたので、夕方近くまで長い昼寝でリフレッシュ。たまには、ぐっすりと睡眠を取るのも良いものですね。

 それはさておき、本日、ヨドバシカメラにて、以前から気になっていた1.7倍のテレコンバーター、Ai AF-S Teleconverter TC-17E Uを購入しました。VR70-200mmでテレ端が340mm(35mm換算510mm相当の画角)、開放絞り値はF4.8になります。これを使っての撮影は後日。画質の程では、現状、使用頻度が低くなってしまっているVR70-300mmは、売却することとなるでしょう。

☆写真は、サムネイルをクリックして、拡大してご覧いただけます!

ベタな写真ですが…^^;

D300_9341 XGA.jpg
D300
SP AF 17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical[IF]
露出時間 : 1/15秒
レンズF値 : F5.6
露出制御モード : マニュアル設定
ISO感度 : 800
レンズの焦点距離 : 50.00(mm)
画質モード : RAW
ホワイトバランス : AUTO
フォーカスモード : AF-S
ノイズ除去 : OFF

【おまけ】
今朝、自宅9階から撮影した雲。街の建物はトリミングで除外しております。この写真で私の住まいが何処か分かれば神ですね。(ヒント:東京都)

D300_9294 trimminged.jpg
D300
SP AF 17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical[IF]
露出時間 : 1/320秒
レンズF値 : F11.0
露出制御モード : 絞り優先AE
ISO感度 : 200
オリジナル撮影日時 : 2008:08:14 09:08:55
露光補正量 : EV0.0
自動露出測光モード : 分割測光
レンズの焦点距離 : 17.00(mm)
画質モード : RAW
ホワイトバランス : SUNNY
フォーカスモード : AF-S
アクティブD-ライティング : Low

空といえば、Aquaさんの朝焼けの写真も、私のお気に入りの一つでございます。ご興味がある方は、そちらもご覧下さいね^^
下のバーナーからでも、Aquaさんのホームページへリンク出来ます!
(※進む前に、私のブログのBGMはOFFにして下さい)



いつも有難うございます(^^ゞ
ポチッ!と応援クリックをお願いします!
banner_02.gif
posted by Wao!! at 23:29 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 機材

2008年07月09日

Nikon D700 実写検証

 ニコンプラザにて、D700のISO感度(推奨露光指数)のISO200〜ISO6400のそれぞれについて、持参したAF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G EDとCFを使わせて頂き、撮影して参りました。ニコンプラザの方のご厚意に感謝申し上げます。
 ご購入をお考えの方々は、どうぞご参考頂ければ幸いに存じます。但し、写真の出来栄えはイマイチです… ^^; 汗。
 なお、D700は、2008年6月20日に既発売のNikon Capture NX2で対応しておりますが、Nikon Capture NXは非対応ですので、ご注意下さい。

☆写真は、サムネイルをクリックして、拡大してご覧いただけます!

[Capture NX2]
幾分、動作が軽くなってます。私は殆ど撮ったままのRAW現像で、稀にホワイトバランスを修正したり、トリミングに使ったりする程度の使い道ですが、背景を補完しながら不要物を消せる、“自動レタッチブラシ”は、NXのように色抽出して上塗りするのと違って、作業が楽で、気に入った機能の一つです。機能の詳細は、ニコンイメージングジャパンのホームページでご覧頂くか、トライアル版で、実際にお試し下さい。

D300_7458 XGA.jpg
D300
SP AF 17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical[IF]
露出時間 : 6.00秒
レンズF値 : F8.0
露出制御モード : マニュアル設定
ISO感度 : 100相当に減感
レンズの焦点距離 : 30.00(mm)
画質モード : RAW
ホワイトバランス : AUTO
フォーカスモード : MANUAL

【D700 ISO感度別画像】

■ 撮影環境および設定 ■
・全て手持ち撮影
・露出制御 … マニュアル露出
・フォーカス … マニュアルフォーカス
・記録ファイル形式 … RAW+jpeg(FINE) ※当記事に掲載しているものは、jpeg(FINE)の方です。
・高感度ノイズ低減 … 弱め ※ノイズ低減が働くのは、ISO2000以上
・ピクチャーコントロール … ニュートラル(シャープネス3、コントラスト+1、明るさ−1)
・ホワイトバランス … オート

※リサイズ無しのオリジナル画像です、ご環境によっては重いです。予めご容赦下さい。

【ISO 200】
D700_iso200.JPG
D700
AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED
露出時間 : 1/15秒
レンズF値 : F5.6
露出制御モード : マニュアル設定
※手ブレしてます…m(_ _)m

【ISO 400】
D700_iso400.JPG
D700
AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED
露出時間 : 1/30秒
レンズF値 : F5.6
露出制御モード : マニュアル設定
※手ブレしてます…m(_ _)m

【ISO 800】
D700_iso800.JPG
D700
AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED
露出時間 : 1/60秒
レンズF値 : F5.6
露出制御モード : マニュアル設定

【ISO 1600】
D700_iso1600.JPG
D700
AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED
露出時間 : 1/125秒
レンズF値 : F5.6
露出制御モード : マニュアル設定

【ISO 3200】
D700_iso3200.JPG
D700
AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED
露出時間 : 1/250秒
レンズF値 : F5.6
露出制御モード : マニュアル設定

【ISO 6400】
D700_iso6400.JPG
D700
AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED
露出時間 : 1/500秒
レンズF値 : F5.6
露出制御モード : マニュアル設定

D300でも同条件で撮影すれば良かったのですが、他の撮影に行く時間が惜しかったのでやってません…。ISO感度1.5〜2段分は違うのではないでしょうか。

なお、D700の使用感については、2008年7月3日の記事内、余談として記しておりますので、ご参考まで。⇒ こちらをクリック!
posted by Wao!! at 23:59 | 東京 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | 機材

2008年07月01日

Nikon D700発表!

撮影会と2008年上期総集編の続きについては後日にします!

いよいよ、ニコンFXフォーマットの新機種、D700が公式発表されました!

スペック等の詳細は、下のD700バーナーをクリック!



写真表現を変革したD3の高画質を、より多くの写真家に解放するニコンデジタル一眼レフカメラD700。

 このモデルの発表を、日本国内はもとより、世界中の方々に至るまで、数知れない方々が待ち焦がれていたことでしょう。
 35mm判フィルム一眼レフカメラそのままのフットワークで、被写体と向かい合い、対話し、写真という形で、思い思いに表現できる瞬間。カメラを愛し、そして写真を愛する方々にとっても、きっと、かけがえのない一生の思い出を綴る1コマ、1コマと成り得ることでしょう。
 2008年7月25日、梅雨が明け、真夏の陽射しが燦々と照りつけるその頃、写欲を沸々と湧き上がらせる新たなフォトライフが始まります…

Catch the moments leading us to pleasure!

 このD700ですが、既にD300で使っているマルチパワーバッテリーパック(MB-D10)とバッテリー(EN-EL4a)を、そのまま共用出来るんです。有り難いですよね。これらを使用したら、連写は、D300と変わらず最速8コマ/秒です。しかもFXフォーマットのままです。いやいや、ニコンさん、嬉しいほどに物欲をくすぐってくださいますっ!!差し当たっては、D700と新レンズ、そしてスピードライトSB-900の発表展示会、“Nikon Digital Live 2008”が楽しみですねっ!

詳細は、下のNikon Digital Live 2008バーナーをクリック!



 本日から、D3およびD300のファームウエアのバージョンアップのダウンロードが開始されています。私も早速バージョンアップを済ませました。未だの方は、どうぞお忘れなく!⇒ ダウンロードページへ

※当ブログにおける、リンク掲載および引用の件、ニコンイメージングジャパンさんに事後承諾済です。
posted by Wao!! at 23:35 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 機材

2008年03月14日

AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED

 私も、いよいよマイクロレンズデビューです。AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G EDを手に入れました。ナノクリスタルコートの威力の程は、後日に試すことにして、夜な夜なVR70-200mmをライブビューで撮影。
 遅ればせながら、私も次回は花の撮影にでも行こうかと思います。

☆写真は、サムネイルをクリックして、拡大してご覧いただけます!

D300_4246 WXGA.jpg
D300
AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED
露出時間 : 3.00秒
レンズF値 : F11.0
露出制御モード : マニュアル設定
ISO感度 : 200
レンズの焦点距離(35mm換算) : 60mm(90mm)
画質モード : RAW
ホワイトバランス : AUTO
フォーカスモード : MANUAL

VR70-200mmのシリアルナンバーは現像時に塗り消しております。使い込んでいるだけにちょっと痛んでますね。JAPANの刻印のところ。撮影するまで気付きませんでした。見えなくても良いものまで写してしまう…。マイクロレンズってある意味怖いですね(爆)
posted by Wao!! at 02:34 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | 機材

2008年03月13日

Coming soon!! Photo Imaging Expo 2008

 2008年3月19日(水)〜3月22日(土)の4日間、東京ビッグサイトの東4・5・6ホールにて、“フォト イメージング エキスポ2008”が開催されます。
 『体感!写真の力、映像の未来』をテーマに、国内外150社以上の企業・団体が一同に集結、写真文化の発展と映像ライフの楽しさを、最新商品や技術情報とともに発信されます。
 各種セミナーや撮影会なども開催されるなど、様々な視点から楽しめるアジア最大級の一大イベントです。皆さんも振るってご参加なされてみてはいかがでしょうか?
 詳しくは、下記のバーナーをクリックして、公式サイトにてご確認下さい。
 会場となる東京ビッグサイトは、お台場にも程近い東京ベイエリアにあります。お気に入りのカメラをお供に出掛けられても楽しいかと思います。



私ももちろん参加いたします(^^ゞ
posted by Wao!! at 01:00 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 機材

2008年01月29日

愛機

 皆さん、お久しぶりです。このところの冷え込みは、たまらないですね。暖房の効いた部屋と外気との寒暖差には、是非ともご注意を!

 ところで、この度、御縁があって、Canon EOS 40DとEF-S 17-85mm F4-5.6 IS USMをお借りしました。このところの連勤と本日まで長引いてしまった体調不良が重なってしまい、撮影に出掛けることは出来ませんので、自室にて愛機の物撮りを…。お借りした時のまま、箱からも出さずにいましたので、D300を箱から出した時のように、ワクワクしながらの40Dとの対面でした。
 撮影は三脚を使用。特別なライティング機材等は無いので、天井の蛍光灯のみ。光の当て方なんて、全く知りません。あれこれと自分で考えながら、レフ板の代用として、白いA4用紙を2枚繋げて、カメラ前方の斜め下から、柔らかめの光が当たるように、蛍光灯の灯りを反射させて撮影。本体の重厚な感じを表現出来たらいいなと思って、渋めの画にチャレンジ。レンズ内の映り込みは、どうしたら良いのでしょう?スタジオでは、大きな幕などで映り込みを遮光するんでしょうか?もしくは、サーキュラーPLフィルターを使うのでしょうか?今回は、致し方無しです。保存して拡大して映り込みを覗かないで下さいね(爆)。
 そして、物撮りといえば、やはり使わない手はありませんね。EOS 40Dのライブビューモード。フォーカスはマニュアルで。D300のも使いやすいですが、EOS 40Dはライブビュー画像の拡大・縮小ボタンが右親指で押せ、左手でピントリングを回せるので、操作性もスムーズで良好に思えました。メニュー画面も項目別に整理されていて見やすく、使いこなしやすいですね。

 う〜む…これマジで欲しいっ(爆)。

 いずれにしても、物撮りも楽しいものですね。光の当て方が難しいんだろうなと思いました。ブログでお付き合いがあるrikoさんは、光の魔術師かと思えるほど、光の当て方もご存知で、物撮り(特にマクロ)がお上手なんですが、物撮りにハマられている気持ちが分かりました(^^)。
 プロの方は、どうやって撮影なさっているのでしょう?この歳で今更ですが、弟子入りして学びたい衝動に駆られてしまいますね。

☆写真は、サムネイルをクリックして、拡大してご覧いただけます!

【D300の8コマ/秒の連写音】
※BGMを一時停止の上、お聞き下さい。

(D300+縦グリップMB-D10+バッテリーEN-EL4a+バッテリー室カバーBL-3使用)

D300&D80 WXGA.jpg
Canon EOS 40D
EF-S 17-85mm F4-5.6 IS USM
露出時間 : 8.00秒
レンズF値 : F16.0
露出制御モード : マニュアル設定
ISO感度 : 200
レンズの焦点距離 : 50.00(mm)
フォーカスモード : マニュアルフォーカス
圧縮率 : ファイン
フラッシュ状態 : オフ
カラートーン : 標準
高輝度側・階調優先 : する (シルバーパーツやロゴの階調維持の為)
(※階調優先にすると、ISO感度が200からになるようです)
posted by Wao!! at 13:50 | 東京 ☀ | Comment(12) | TrackBack(0) | 機材

2007年11月29日

Nikon 90th Anniversary

 いよいよ明日、待望の11月30日が迫って参りましたね。Nikon初、FXフォーマットデジタル一眼レフカメラ、D3の発売日です!私は買いませんが、、、ドキドキしますね。
 ここで今更、D3のスペックを述べるまでも無く、その性能の高さには度肝を抜かれてしまいます。私も、銀座のニコンプラザで、何度もファインダーを覗き、レリーズを繰り返し、設定をあれこれ変えながら弄ってみましたが、卓越したレスポンスの良さ、ボディの大きさと重量を感じさせないほどに手に馴染みやすいフォルム、考え抜かれた操作性の高さなど、Nikonの物づくりへのこだわりがヒシヒシと伝わってくる逸品です。Nikon誕生から90周年の歴史の節目としても、相応しいものだと思います。私は買えませんが…(苦笑)。このセンセーショナルなFXフォーマットのフラッグシップ、D3の誕生を、心から祝福したいと思います。

《Nikon 90th Anniversary Movie》
↓ 下のサムネイルをクリックして頂きますと、そのリンクへと進めます。


《English Version》
↓ Click the thumbnail to watch"Nikon 90th Anniversary Movie".


※※末尾ながら、Nikonさん、お借りいたします。
posted by Wao!! at 02:00 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 機材

2007年11月19日

D300 スペシャルカレッジ

h1_02 resized.jpg

 本日は小山伸也先生による『D300スペシャルカレッジ』へ参加致しました。
 D300で待望のファインダー視野率約100%が実現した点に、私は一番の魅力を感じているのですが、その次点としては、「3D-トラッキング」という自動追尾オートフォーカスに魅かれております。これは、AFポイント数を51点に設定、そして、AF-C、ダイナミックAF(3D)に設定した上でオートフォーカスロックすれば、動体予測はもとより、動く被写体を面として捉え続け、自動追尾してくれるという画期的なものです。 
 殊更、新幹線の撮影においては、そのメリットを活かせるに違いないという期待感を確かめるには、鉄道写真をお撮りになっている、小山先生の講義を拝聴するのがベストであると思い、先月上旬に予約し、本日会場へと向かったのでした。
 会場には、小山先生が、D300で、浜松駅で撮影なされた500系のぞみの作品(A1サイズ?)が展示されてあり、萌えてしまいました(笑)。それはもう、素晴らしい作品で、「3D-トラッキング」で捉えられたそうですが、車両のビス一本一本までクッキリとピントが合っており、そのAF精度の高さには、小山先生も驚かれているご様子でした。正直申し上げまして、テイクアウトさせて頂きたかったです。

 私が、小田原駅にて通過のぞみの初撮影にチャレンジした時に、時速250〜270kmの猛スピードで走り抜ける新幹線をジャストピントで捉えるには、通常のAF-Cでは、食い付きすら不安で、実際にオートフォーカスが相次いで迷って撮り逃した経緯もあり、以来、浜松駅での撮影も、下記のように、置きピン撮影をしてきたのですが、その必要がなさそうです。よって、次回の撮影からは、ガツン!と「3D-トラッキング」で、決められるのではないかと、期待が一層高まりました。

☆写真は、サムネイルをクリックして、拡大してご覧いただけます!

【参考:置きピン】
マニュアルフォーカスで合わせておく方法もあるのですが、私はこれで撮りました。

@線路やバラストなど目印を決めた位置に、AF-Sにてピント合わせをし、
A半押しのまま、構図を決め、
B列車の先頭がその位置に来る瞬間を狙って、シャッターを押し切る。
※下の写真の、赤い[ ]がAFロックの位置。赤点線が合焦ライン。

※8月21日撮影 浜松駅にて
DSC1_6317 WXGA okipin.jpg
AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)+TC-14E U

Seesaaブログのテンプレートは今ひとつですので、リンクを作りました。
☆新幹線写真はこちらをクリック⇒
カテゴリー“新幹線”

末尾ながら、小山先生、お風邪を引かれて、ご体調不良の中、笑いありの楽しく分かりやすい講義を大変有難うございました。そして、素敵な夜景写真も拝見できましたこと、嬉しく思います。これからの一層のご活躍を祈念いたしております!

誠に恐縮ながら、無記名、リサイズ無しを一枚、公開いたします。環境によっては重たいです…。ご了承下さいませ。

それにしましても、ご紹介されました、ナノコーティングを施した新発売のF2.8ズーム2本は魅力的ですね。当分(5〜6年)、夢を見るだけにしておきます。

※8月21日撮影 浜松駅にて

DSC1_6349 10M.jpg
AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)+TC-14E U
露出時間 : 1/1000秒
レンズF値 : F5.6
露出制御モード : マニュアル設定
ISO感度 : 400
オリジナル撮影日時 : 2007:08:21 17:14:52

夏真っ盛り、陽炎でメラメラしております。ISO感度400、日陰の部分のノイズが厳しいですね。
posted by Wao!! at 23:58 | 東京 ☁ | Comment(6) | TrackBack(0) | 機材

2007年10月31日

D300・D3発売日発表

遂に今日、発売日が発表されましたね。
D300は2007年11月23日発売予定で、D3は2007年11月30日発売予定。

Nikon Imaging リンク⇒ デジタル一眼レフカメラ「D3」「D300」発売日決定のお知らせ

私は専門家でもないので、カメラについての説明は割愛します。

ブログでお付き合いのあるmakotoさんがD3をお求めになり、素晴らしい作品をお見せになる日を待ち望んでおりま〜す(^^)。

☆写真は、サムネイルをクリックして、拡大してご覧いただけます!

写っているのは、D3です。カッコいいですよね〜。

2007年9月21日撮影

DSC1_6887 XGA.jpg
SP AF 17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical[IF]
露出時間 : 1/20秒
レンズF値 : F4.0
露出制御モード : マニュアル設定
ISO感度 : 400
レンズの焦点距離(35mm換算) : 50mm(75mm)
画質モード : RAW
ホワイトバランス : AUTO
フォーカスモード : AF-S
仕上がり設定 : カスタマイズ
※肩越し撮影の為、トリミングあり

D300のアクセサリーとして、D80では使うことのない連写もしてみたいこともあり、

・マルチパワーバッテリーパック(MB-D10)
・バッテリー室カバー(BL-3)
・Li-ion リチャージブルバッテリー(EN-EL4a)
・EN-EL4a対応のクイックチャージャー(MH-21)

以上の予約、もしくは購入を済ませておりますが、大切なものを忘れてました。
夜景撮影などに使うための、リモートコードです。D80対応のリモートコードは、10pinではないので、D300では使えません。D300に対応のリモートコードは、インターバルタイマー付きのMC-36と、レリーズボタンのみのMC-30がありますが、レリーズのみで十分なので、MC-30の方にします。

それにしても、アクセサリーの出費が嵩みますね( ̄  ̄;)汗。D300本体と一緒に買う分に関しては、本体を買って貯まるポイントで割引購入します。
posted by Wao!! at 23:59 | 東京 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | 機材

2007年10月03日

気が早い?

 D300の発売は11月。気が早いと思いつつ、Nikon Digital Live 2007に備えて買った、SanDiskのExtremeWに、Lexarの300倍速も買い足して、2枚揃えました。いずれとも、SDメモリーカードでは、すっかりお世話になっているメーカー。ちなみに、前者は、D300の画像データ持ち出し禁止の為、使用しませんでした。
 本体と同じマグネシウム合金素材の縦グリップ(マルチパワーバッテリーパック MB-D10)の価格も気になるところです。これまでは、連写をしたことがないものの、最速8コマ/秒となれば、3D-トラッキングの自動追尾AFも活用しながら、やってみたくなるもの。その為には、ハイパワーのEN-EL4a(縦グリップに装填用のバッテリー室カバーBL-3は別売)もあった方が良いのですが、有り難い事に、ニッケル水素単三充電池8個でも最速8コマ/秒になるそうなので、後は縦グリップを揃えたら、万全ってところでしょうか。

☆写真は、サムネイルをクリックして、拡大してご覧いただけます!

DSC1_7480 XGA.jpg
Ai AF Nikkor 50mm F1.4D
Nikon SB-800でバウンス
posted by Wao!! at 20:08 | 東京 🌁 | Comment(10) | TrackBack(0) | 機材

2007年09月11日

Nikon D300

 今週もパッとしない天気続きで、それが逆にゆっくりと休日を過ごす口実になっております。仕事から帰ると疲れ切ってて、朝に起きても睡眠を取った気がしない日が続いてましたので、ちょうどいい静養になっているのかもしれません。
 9月21日から3日間、都内にて、“Nikon Digital Live 2007”が開催されますが、行けたら行こうかと思案中でございます。実機を触れるのでしょうか?無理かな?
 いずれにしても、今は、時折、下記のリンク先の動画を見ては、心を癒しているという状況でございます。
シャッター音に痺れてしまいますね。

D300発表会にて ←クリックしたら見れます。
※CAPAカメラネット(学研)さん、お借りいたしますm(_ _)m
posted by Wao!! at 23:12 | 東京 ☔ | Comment(6) | TrackBack(0) | 機材

2007年04月12日

お掃除

4月10日、浜離宮内の、屋根のある場所でレンズ交換をしたのですが、帰宅して最小絞りF32でローパスフィルターのゴミのチェックをしたところ、確認できるだけでも、6〜7点のゴミが見つかりました。絞りF11では全く確認できず、F16まで絞って、ぼんやり、うっすらと見える程度の小さなゴミなのですが、付いていれば気にもなります。例によって、ブロアーで飛ばそうと試みましたが、取れません。どうやら、花粉系の粘着質のゴミのようです。
こうなったらやるしかありません。Nikon クリーニングキットプロの出番です。

DSC1_1977 XGA.jpg
※無水アルコールは別売。
Ai AF Nikkor 35mm F2D

これのお陰で、ニコンプラザまで、清掃依頼に行く手間を減らせます(^^)。
今回も自分で清掃しました。その成果の程には、自信がありませんが、ゴミは取れました。

【注意事項】
 ニコンプラザで、ローパスフィルター清掃の講習会が行われています。又、遠方で行けない方の為に、クリーニングキットには、ローパスフィルターの清掃方法を動画で勉強できるCD-ROMが付いてます。事前にレンズプロテクターなどで、何度も何度も反復練習をこなす必要がありますし、これが結構難しいです。
 付属のクリーニングスティックに、付属のシルボン紙を、指定された方法で巻きつけて、先端に無水アルコールを付けて拭く訳ですが、拭き跡が残らないようにしなくてはなりません。無水アルコールを付け過ぎると拭き跡が確実に残りますし、途中まで巧くいっても、拭き終わりに、シルボン紙を表面から逃がす瞬間に、ポツリと点の拭き跡が残ったりします。
 万が一、フィルターに傷をつけてしまったら、ローパスフィルターの部分だけの交換修理ではなく、センサー丸ごと全部の交換修理です。この場合、1年間の保証期間内であっても、保証の対象外となるので、あくまでも自己責任で行うことが前提です。
 自分でやるには、かなりのリスクも覚悟しなくてはなりません。やはり、清掃費用(1台につき1回1,000円。但し1年間の保証期間内は無料)はかかりますが、ニコンに依頼する方が、一番のオススメです(^^)。サービスセンターへの持ち込み依頼ならば、90分程度でやってもらえます。
posted by Wao!! at 23:58 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 機材

2007年03月22日

縦グリ(マルチパワーバッテリーパック)追加

D80.jpg
撮影デジカメ:Canon PowerShot S3 IS

飛行機写真や梅などの撮影で使用したVR(手ブレ補正)付き大口径望遠ズームレンズのAF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)と縦グリを付けたD80。
縦グリもつけると、レンズとボディのバランスが良くなった。縦位置撮影でも持ちやすい。縦グリにバッテリー2個装填の状態で総重量は約2.4kg。この重量感が堪らなく好きだったりします。
機材に負けないような写真を撮れるようになりたいっ!それは一体、いつになることやら…(^_^;)??

ところで、この3点セットで一体幾らしたの?って聞かれても、口が裂けても言えません…。
posted by Wao!! at 03:46 | 東京 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | 機材

2007年01月17日

展望室での夜景撮影機材

DSC_5904 SVGA.jpg
SP AF 17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical[IF]

ガラス張り展望室での夜景撮影で使っている便利機材です。

写真左から…

・リモートコード
 これは、屋外での夜景撮影でも使用しますが、シャッターを押した瞬間の手ブレを防ぐ為のものです。これと、露出ディレーモード(ミラーアップ)を併用しています。セルフタイマーを活用する方法もありますが、シャッタータイミングを計るにも、リモートコードの方が便利です。

※露出ディレーモード…ミラーを上げ終わってから、約0.4秒後にシャッターが切れ始める為、ミラーが跳ね上がった時の振動でのブレを軽減出来ます。

・アングルファインダー
 ガラスにレンズを近づけ、ローアングルでのフレーミングとピント合わせは、これが無いと、しんどいです。

・水準器
 三脚などの固定機材に乗せて撮影する際、ホットシューに取り付けて、水平の確認のため使用しています。

・ビーンズバッグ
 三脚を使用できない場所などでカメラを固定するのに便利。枕みたいな形状で、多少なら角度を付けての撮影も可能です。あまり角度を付けすぎると、レンズやカメラ本体の自重で、ズルズルと動いて、ブレ写真になることも…(汗)。

そして、上記の機材を載せている黒いものは…

・暗幕
 展望室のガラスに、館内の照明などが映り込むのを防ぐ為に、遮光生地のものを使っています。周囲が閑散としたタイミング以外は、なるべく使わないようにしています。広げると傍迷惑ですので…。
posted by Wao!! at 11:53 | 東京 ☀ | Comment(5) | TrackBack(0) | 機材

2007年01月07日

三脚

「少しでも安定性を…」ということで、カーボンファイバーの三脚を追加。
先月25日の、みなとみらい全館全灯の撮影では、時折吹く風に三脚が微妙に揺れて悩まされた。写真には写していないが、石、もしくは、レンズやカメラを入れて、三脚の安定性を増すためのストーンバッグも付いている。ただ、風が強いと、ストーンバッグ自体が揺れて、逆に三脚がブレ易いという話も聞いた。実際のところは、使用してみて、その効果を見てみようと思う。

また、これまで使っていた3way雲台の三脚は、上を見上げたアングルの時、レバーが邪魔で、思い通りの縦位置撮影がやり辛かったので、雲台は自由雲台を選択。これで縦位置撮影もウンと楽になる。着脱が楽なクイックシューに慣れているので、敢えてクイックシュータイプにした。

DSC_5644 XGA.jpg

ただただ、面倒なので三脚を使わずに撮影。室内、ノンフラッシュ、ISO200、シャッタースピード 1/6秒、焦点距離34mmでの手持ち撮影は流石に厳しい〜。
posted by Wao!! at 00:53 | 東京 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | 機材
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。